トップ

妊娠中でも歯科治療できるのか

妊娠中は虫歯対策を

あご

妊娠中歯科に行く場合の注意点

妊娠中に歯が痛くなったとき、歯科治療を受けてもかまわないのか迷うことがあるかも知れません。基本的には通常通り歯の治療はできますが、安定期に入り体調が安定しているときが望ましいです。レントゲンや麻酔に関してですが、歯科のレントゲンは歯だけに照射するので被曝量はかなり少なく、さらに鉛の入った防護エプロンを着用して撮影するので、お腹の赤ちゃんが被曝することはありません。また、麻酔も口腔内の局所麻酔なので、赤ちゃんに影響はありません。妊娠中は女性ホルモンの影響や、つわりによる口腔内の清掃不良などにより、歯肉炎や虫歯になりやすくなります。重症化する前にしっかりと治療しておきましょう。

妊娠中の歯科治療について

妊娠をすると、虫歯になりやすいということは意外と知られていないかもしれません。ほとんどの自治体において、妊娠中、もしくは、産後まもない時期に、歯医者さんにおいて、歯科検診を無料で受けることができる、という券を発行してもらえます。検診を受けることによって、虫歯があることが分かった場合は、治療を行うこととなります。妊婦でも使える麻酔もありますので、急ぎの場合は歯科治療を行うことも可能です。ただ、妊婦ですと、小さいクリニックではレントゲンを撮る時の対策がされてないこともあり、細かい治療まではできない、という歯医者もいるため確認が必要です。

↑PAGE TOP